ミステリとしての素晴らしさは言うに及ばず、読み終わった後の余韻がもの凄いです。

これで主人公とお別れしなければならない喪失感と申しましょうか、しばらく立ち直れなかった思い出。