父は妻のため、家族のために罪を犯したのか。

この言葉を口にするべきかどうか、少し迷った。
ここはもう自分の家ではない。
しかし結局、私は言った。
「……ただいま」

”ひと”と”家族”の在り方をめぐる傑作ミステリ