デビュー時から、異彩を放つ作品を書かれていた辻村先生ですが、このメジャースプーンは現代版「罪と罰」。
罪に対してどのように向かっていくか、「ぼく」の気持ちが分かりやすい文章で、重厚に書かれた作品です。

思春期のこどもたちから、こどもをもつ親まで、いろんな目線で見ることのできる名作だと思います。