郷愁と感傷が小説の表面を作るとしたら、骨格を作るのは物語の構成や人物の配置であり、その作られた物語を愛させるようにするのは人間の描出です。

そのあらゆる方面から隙のない、こんなふうに書けたらよいと羨んだ小説です。

代表作に選んだ拙著『あなたのための物語』とタイトルが似ているのは、意図したことではありません。
ほかのタイトルが思いつかなかったからそうしたのですが、やはり頭に引っかかっていたのだと思います。