不器用でぶっきらぼうな父と、やさしい息子、そして、二人をとりまく人々の人情に泣けます。
ぼろぼろ涙がこぼれてしまうので、外では読めないくらいです。
重松さんならではの美しい文章に、心が磨かれた気分になります。