これは、異世界に繋がった居酒屋「のぶ」で巻き起こる、小さな物語。

応募総数2200作品!「小説家になろう」最大のライトノベルコンテスト!
なろうコン大賞受賞の異色作!

『孤独のグルメ』原作者 久住昌之垂涎!!!
「映画化、熱望!!! グルメものにこの手があったか! しかも最後は心があったまっちまったぜ!」

こういった物語につきもののごはんの描写がとても美味しそうです。

異世界に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、このお話の根底にあるのは、人情。
人と人との繋がりが作る縁が、優しい語り口で描かれています。

美味しいお酒と食べ物と、そして気のいい仲間たち。
読んでいて心がほっこりする作品です。