日経新聞書評で話題!

夢中で読めた。
紛うことなき徹夜本だ。
僕も人に強く薦めたくなったし、それを今こうして実行している。
––––青崎有吾(作家)

孤独な少女と一人の青年が織りなす美しく切ない物語

「面白いです。ちょっと分厚いですけど、絶対一晩で読めます」

ほんの数日の間に二人の人から同じ本を強く薦められることなどなかなかない。(中略)結論から言おう。彼らの言葉は本当だった。夢中で読めた。紛うことなき徹夜本だ。僕も人に強く薦めたくなったし、それを今こうして実行している。
青崎有吾(日本経済新聞夕刊 2014年12月10日)