いくつもの
さようならの
少し先へ

言葉にならない大事なことが、こころにとどく物語