自称、乙一狂です。
小説を読むことに没頭した中~高校生の頃に片っ端から読みました。

その中でも一番好きなのがこの作品。
乙一ワールド独特の暗黒さと切なさを兼ね備えた一作です。

張り巡らされた伏線が回収されるまでの怒涛の展開と、切なくもあたたかく締めくくられるラストがとても好きです。