ぼくとあいつの、さびしさと奇跡の物語。
一人っ子がめずらしかった「昭和」のあの頃。
きょうだいのいないぼくたちは、小学六年生の春、小さな同盟を結んだ……