短編集。
知人に薦められたのがこの本を読むきっかけでした。

SFに造詣が深いか否かで好みの話は分かれるらしいのですが、造詣が深くない僕は断然に『漂った男』が好みです。

この一編に限らず、小川一水先生の作品には〝生命力〟が溢れている。

長篇も短篇も好きですが、敢えて挙げるならこの一冊。