十角館が学生時代に衝撃を受けた本なら、アムリタは大人になってから衝撃を受けた本です。
電撃大賞に応募していた当時に読み、最後の展開とその恐ろしさに読者としても作家志望としても打ちのめされました。
「このレベルじゃなきゃ受賞できないなら、一生小説家にはなれない……」とのたうち回ったのもいい思い出。
天才とは理解しがたいものの戦慄を味わいつつ、魅了されて仕方がない一冊です。