最悪が動き出す。

瞠目せよ。
これが鬼才・野崎まどが描く絶望の物語。