VOCALOID楽曲を聴くのが趣味という流れから読んだのですが、素晴らしかったです。本書には〝浪漫〟がこれでもかと詰め込まれ、最初から最後までワクワクしっぱなしでした。VOCALOIDという存在を愛している人にこそ読んでほしい。