あと、最近好んで購読しているのは西尾維新なのですが、この作者さんの場合、「ジャンル=西尾維新」と言うしかないので、どこかのジャンルに入れようとは思いませんね。
「戯れ言」シリーズも、途中からミステリじゃなくなったし。

でも、どの作品もたいてい好きです(ただしラストの一冊を除く)。
「刀語」の最終巻を読んだときは本気で本を投げましたww

まぁ、そんな感じのわたしの本棚なのですが、何か気になる一冊はあったでしょうか。
わたしの場合、本を読むのと同じくらい書店で本を探すのが好きなので、電子書籍を買うことはありません。
どれだけ揃えても場所を取らないのは魅力的だなとは思いますが、本棚に並べた本の背表紙を眺めるのもまた一興なのです(文中敬称略)。