梨木先生の著作も、十年以上かけて少しずつ、色々なことを考えながら読んでいます。

文庫版の『家守綺譚』は、ブックカバーを時々取り替えながら頻繁に持ち歩いています。
思い立った時、いつでもこの世界に遊びに行けるように。