詩と俳句という短詩型文学の流れで短歌も。
旧版の雁書館版は茅ヶ崎市立図書館で偶然手に取りました。

難病で夭折した中澤さんは茅ヶ崎の出身、私も同市在住のため線が交わったのです。
一読忘れられない短歌に慄然としました。

厳選三首。届くべき人には届くはずです。

3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって
牛乳パックの口をあけたもう死んでもいいというくらい完璧に
ぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわ