心に効くカクテルとマッチョのママがお待ちしてます。
実に気持よく泣くことの出来る小説である。
—-池上冬樹(文芸評論家)