中禅寺は目を細めて、「その偶然—-既に蜘蛛の巣の上に乗っちゃあいないか?」と云った。