まずは詩集です。
私が散文詩を書きはじめたのは明らかに粕谷栄市さんの影響です。

人生の胸苦しさと仄暗い永遠の消息とそこはかとないユーモア。どれもが素晴らしい。
いずれ粕谷さんの全詩に俳句を付けたいなと思っています。