著者近影

山田まる

Profile

山田まる(やまだまる)

「小説家になろう」で連載していた「おっさんがびじょ。」で作家デビュー。

それまではゲーム業界でシナリオライターを五年ほど。

代表作と、その作品についての思い

『おっさんがびじょ。』

仕事ではクライアントからの意向に合わせて書くことが多く、その仕事に行き詰っていた中「愉しく自分の書きたいこと書く」ということをテーマに始めた連載でした。
何を書きたいかなあ、どんなことを彼らにしてもらったら愉しいかなあ、と思いながらいつも書かせてもらっています。

そんな自分が楽しむために書き始めた作品で、読者の方にも楽しんで貰えていることが本当に嬉しいです。
これからも一緒に愉しんでいけたら良いなあ、と思っているので、よろしくお願い致します!

山田まるのすべての作品はコチラ

山田まるの本棚

言わずと知れたライトノベルの金字塔、神坂一先生のシリーズ。
まるが小学生の頃に、初めて読んだライトノベル。

それまで児童文学しか読んだことがなかったまるにとって「悪人に人権はない!」と言い切るリナの活躍はとても衝撃的でした。
寝る時間になっても読むのを止めることが出来ず、ベッドサイドの薄明りで親に隠れてこっそり読んでいたのを今でも覚えています。

リナとガウリイの恋愛関係ではないものの、強い信頼関係で結ばれている様子にもだもだしながら読んでいました。

主人公TUEEEものが好きな方ならお好きなのではないでしょうか!

スレイヤーズ
神坂一

まるが高校生の頃に読んでハマった樹川さとみ先生の楽園の魔女シリーズの中からこの一冊。

人妻に見えない見た目ロリっ子魔女のマリアが、家政婦として潜入したお家で活躍するお話。
魔女として魔法を使って活動する、というよりも、ふんわり柔らかゆるーいマリアの性格と、主婦としての家事能力でどんどん家主とその養い子の関係が改善されていく流れにほんわかします。
両親を亡くしてちょっとやさぐれかけていた男の子が、マリアを自分と同年代だと勘違いしたあげくにほんのり想いを寄せる様なんかもすごく可愛らしくてまるは好きです。

楽園の魔女たち―この夜が明けるまで
樹川さとみ

中学生の頃、図書館の先生が個人的な蔵書を貸してくれたことから読み始めたシリーズ。
今ではまるの本棚の大部分を占拠しております。

京極堂シリーズは全部好きですが、その中で一番好きなのはどれかと言われたら、今のところはこの「魍魎の匣」になります。

事件のセンセーショナルさもそうですが、あちこちで起きていた事件が最後に全部一つに繋がる様に脳内麻薬がどぱどぱ出ました。
「ほう」と口走りたくなる一冊です。

魍魎の匣
京極夏彦

ジブリによるアニメ映画化で一躍有名になったこの本ですが、まるは小学生の頃に読んで以来ずっと好きなお話でした。

偏屈で気障なハウルが、なんやかんやソフィーのことを気にかけているシーンや、おばあちゃんになった方がふっきれて好きなことをやれているソフィーの生き生きとした姿が好きです。

映画を見て気になる方は是非、こちらも!

魔法使いハウルと火の悪魔
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

こちらも小学校の頃に読んで以来ずっと好きな本です。

主人公のひろみが失恋をきっかけに異世界で何でもできる魔神になって冒険するお話。
魔神だからこその万能感と、そうなって初めて「不器用な人間も悪くない」と思える15歳のひろみの冒険譚です。

ハールーンが本当に格好良くて、ハールーンのように生きたい人生でした。

これは王国のかぎ
荻原規子