著者近影

FullSizeRender

Profile

月城うさぎ(つきしろうさぎ)

神奈川県出身。秋生まれの乙女座A型。

2013年、株式会社アルファポリスより「微笑む似非紳士と純情娘」で出版デビュー。
シリーズ全三巻ほか、「恋愛戦線離脱宣言」発売中。

主に明るいラブコメ&ファンタジーが好きです。
トキメキ求めて放浪中。

代表作と、その作品についての思い

『微笑む似非紳士と純情娘』

あっさり読めて笑える明るいラブコメが読みたくて、好きな要素をふんだんに詰め込んだ作品。
恋愛初心者の主人公が斜め上に暴走し、ヒーローが紳士のフリを続けながら腹黒く追い詰めていく話……でしょうか(笑)

紳士の仮面を被った肉食獣に、周りが振り回されるコメディは書いていてとても楽しいです。
あまり難しく考えずに、ただ楽しいを追求した話になっております。

最終巻は半分以上がwebには掲載していない書き下ろしです。
最後は読後感すっきり!話になっていれば嬉しいですね。
少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

月城うさぎのすべての作品はコチラ

月城うさぎの本棚

映画化もされたこの作品をご存知の方は多いかと思います。
中学生の主人公が登校拒否になり、祖母が暮らす田舎にて魔女修業に励む話です。

魔女と言ってもおとぎ話の魔女ではなく、自然に自分らしく生きる術を西の魔女と呼ばれる祖母から教えられます。
この作品は私が父親の海外赴任でアメリカに連れてこられて間もない頃、私の祖母からプレゼントされた一冊でした。
書店の店員さんと相談しながら選んでくれたそうです。

思春期の少女が抱える悩みや葛藤を繊細に描写されているため、同じ年頃だった私も共感できるのではないかと、祖母なりに気を使ってくれたのでしょう。
最後のシーンは今でも忘れられず、号泣した記憶があります。
きっと何度読み返しても、最後はほろりと来てしまう。
優しくて暖かい話です。

西の魔女が死んだ
梨木香歩

糸森環先生の最新作とは気づかず、まずタイトルを見た瞬間「これ絶対好き!」と確信していました。
その後著者名を見て二度叫び、一気読みした作品です。

主人公のアオは、いわゆる奴隷階級の女の子。
身分差がはっきり区別された世界で、青年貴族のヒーローと中身が入れ替わったり、学園生活を送る羽目になったりと、波乱万丈な第一歩の始まりが丁寧に描写されています。
糸森先生の作品の特徴はまず世界観! ぐいぐい引き込まれて面白い! そしてキャラクターが魅力的です。
続編がとても楽しみな作品です。

六花爵と螺子の帝国
糸森環

糸森先生のサイトにて掲載されていた書籍化作品。

異世界トリップもので、主人公が荒くれ者の海賊と海賊王に拾われ逞しく成長していきます。
残酷で冷酷な海賊世界は、とことん容赦がないのに生命力に溢れ、惹かれずにはいられない。
常に主人公を試す海賊王が飄々としつつも非情で、だけどやっぱりかっこいい! 私が小説を書き始める前から大好きな作品です。

糸森先生の他の書籍も全てオススメですので、ファンタジー好きな方には是非手に取って頂きたいです。

she & sea 海上の覇者と愚者
糸森環

まず美しいタイトルに惹かれました。
これってどういう話なの? と。

軽快なラブコメなのかと思いきや、テーマはなかなかに重い! でもところどころに散りばめられた笑いの要素がとってもツボで、一気読みした作品です。
主人公一家の名前が果物なのも良かった。

タイトルの意味も最後で明らかにされるので、読後感は爽やかでした。
是非続きを希望します。

知らない映画のサントラを聴く
竹宮ゆゆこ

有川先生の図書館戦争と迷いましたが、同じくらい好きなのがこの作品。
一言で言えば、「男の子っていいな……!」です。

学生時代にしか味わえない青春物語は、きっと皆さんも読んでて共通点が見つかるのではないでしょうか。(ちょっと特殊かもですが。)
これは女の子にはなかなか味わえない経験でしょうね。
とても羨ましいです。

キケン
有川浩

群ようこ先生のファンの母から借りて読んでみたのが高校生の時。
短編集なのですが、視点が全部違うので面白いです。

一昔前のOLさんの話ですが、現代にも通じるものがあるかも? しれません。
個人的に好きだったのは最後の話。
主人公同様、美人な友人が好き放題遊んできた挙句そう簡単にいい男性が見つかるかよと、笑いながら突っ込みをいれつつ、最後は本当に理想的な人を捕まえてしまい仰天。
結局友人の本性を暴露できないまま、結婚式でお幸せにと言ってしまう。

そんなあるある~いるいる~こんな、人な話。
どれか一つは共感できる人は多いのではないでしょうか。

無印OL物語
群ようこ