著者近影

Profile

静月遠火(しづきとおか)

第15回電撃小説大賞金賞受賞 メディアワークス文庫・電撃文庫で小説を書いております。
ゲーム・ドラマCD脚本なども書いたりしております。

代表作と、その作品についての思い

『R&R』

書きたいものが書けて、読んでくださった皆様からいただいた感想も「こう感じてほしいなぁ」と思っていたものだったので……。

静月遠火のすべての作品はコチラ

静月遠火の本棚

生まれて初めて、面白すぎて興奮しすぎて読み続けることができなくなった本です。
古典ですので、様々なミステリの出版されている現在では少し物足りなく感じる方も多いかと思いますが、将来ミステリを好きになる10代前半の少年少女がどうかこの本に出会えたら……! と思います。

Yの悲劇
エラリイ・クイーン

人生で2回目に、面白すぎて〜を経験した本です。
ああ……なんて本当に新本格って素晴らしいんでしょう!!

時計館の殺人
綾辻行人

時計館で感動し、すぐに書店に走って買った本です。
たった一行の台詞で世界が反転する様はまさにミステリの理想と言っても過言ではないかと……!!

水車館の殺人
綾辻行人

人生で一冊だけ本を選ぶならと言われたら、迷いなくこの本を選びます。
全てが伏線という言葉がこれほどぴったりな小説を知りません。
技術の美しさ、と言うのでしょうか。
細部まで計算されて作られた綺麗な綺麗なガラス細工のような小説です。
若松くんがひたすらかっこいいのもポイントです。

タイム・リープ―あしたはきのう
高畑京一郎

人生で二冊だけ本を選ぶなら二冊目は絶対にこの本です。
全ての謎が解けたと思ったそのときに気づく最大の違和感にはもうブラボーとしか……。
主人公の恋愛が微笑ましいのもポイントです。

七回死んだ男
西澤保彦

短編集を一冊選ぶならこちら!
ミステリとしても全て一捻りしてあって素晴らしいですし、銘探偵メルカトルのキャラクターがまた秀逸。
名探偵というものはくせ者揃いなものですが、中でもメルカトルはまた特別ですね。
初めてミステリを読むという方にはあまりお薦めできませんが……。

メルカトルと美袋のための殺人
麻耶雄嵩

こちらの短編集も一筋縄ではいかないものばかりで素晴らしいです。
メルカトルと美袋に負けず劣らず木更津と香月のコンビもよいものです。
初めてミステリを読むという方にはあまりお薦めできませんが……。

名探偵 木更津悠也
麻耶雄嵩

まるで一本背負いのようにラスト一行で全てをひっくりかえすミステリがやはり私は理想だと思うのですが、矢継ぎ早に技を繰り出しこちらを唸らせるミステリもまた素晴らしいものです。
一休とんち話・史実・そして殺人事件が絶妙に絡み合った職人芸……!

とんち探偵・一休さん金閣寺に密室(ひそかむろ)
鯨統一郎

一本背負いのようなミステリが理想とは思うものの、本を読むうちに読者としてもどんどん慣れてきて、お約束な技にはひっかからなくなってしまいますね。
こちらはそんな油断しきったところに「うわそっちから足が飛んでくるの!?」とばかりに予想外の世界反転を見せてくれる小説だと思います。
『YAWARA !』に例えると富士子さんですね。

木製の王子
麻耶雄嵩

東野圭吾作品は素晴らしいものばかりですが、一冊選ぶならこちらを。
ミステリ作家東野圭吾の技術の見事さにただただ感動です。
舞台設定の時点でもう「ほおおおおお」
外部に連絡が取れない理由で「ふうううう」
ラストで「ああああああ」

ある閉ざされた雪の山荘で
東野圭吾

こちらも一本背負い系ですね。
そこから技を掛けてくるか!! という作者の手腕に拍手喝采です。
ぜひ文庫版で解説と共に読んでいただきたい作品。

星降り山荘の殺人
倉知淳

古代遺跡で連続殺人……!? と思いきや予想とはまったく違った展開で人が死んでいき、「私はミステリを買ったつもりだったのに間違えたのだろうか……」と頭を抱えかけたところに隙をついて足払いをかけてくるような小説です。ええ、ミステリですとも! 途中は違いますけども!

ネヌウェンラーの密室(セルダブ)
小森健太朗

ミステリ好きなら一度は考えたことがあると思われる「あの犯人」ですが、この本ほどしっかり動機や殺害方法を考えてある作品はないんじゃないかと思います。
凶器までちゃんとあるなんて……!

パラドックス学園―開かれた密室
鯨統一郎

鯨統一郎は天才であると確信した作品です。
カッ飛んだ文章に本筋と関係ないオヤジギャグがガツンガツン入ってそれでいて実はしっかりした歴史の知識と独自解釈が裏にあり、オカマ仏陀という意表を突く設定でありながら、過去にタイムスリップした現代人が知恵と勇気でピンチを乗り越えつつ伝説の仲間を一人また一人集めていく王道ストーリーは真剣に面白く、それでいながらラスト近くのトンデモ展開がまたすごい!
釈迦とソクラテスがダンス対決なんていう発想は一体脳のどこを使ったら出てくるんでしょうか! (しかも曲はマツケンサンバと世界に一つだけの花)
しかも、しかもですよ。「叩け梵語 響け産婆」の歌詞は元歌詞の音を変えずに意味はしっかり釈迦VSソクラテスになっていて、さらになぜソクラテスがマツケンサンバを知っているかという問題をアポロンの神託とアカシック・レコードで説明しようという!!
さりげなく伏線もきっちり張って、最後はホロリとさせてしまうんですからもの凄いです。

タイムスリップ釈迦如来
鯨統一郎

アカシック・レコードといったらこのシリーズですね。
時間移動ものといえばいろいろと暗黙のお約束(同じ時代には1回しかいけないなど)があるものですが、このシリーズは条件さえ整えば何度も同じ時代に移動可、歴史の改編も可というその時点で複雑さにゾクゾクしますが、しかも途中でキャラクターが記憶喪失になったり外見が完全に変わったりするため、過去の自分と未来の自分がそうと知らずに戦い、今の自分がそれを目撃したりするという複雑な展開が素晴らしい……!
長いシリーズなのですが序盤からびっしり張られた伏線には惚れ惚れしてしまいます。
時間移動の方法もきちんと考えられていて、キャラクターの人間関係も複雑で……。
どうしてこのシリーズティーンズハートだったんでしょうか……。

運命のタロット シリーズ
皆川ゆか

電撃文庫のSFを一冊あげるならこちらを……!
どの作品も単体でも素晴らしく、あとがきでそれぞれのテーマを知ってまた唸ります。

ある日、爆弾がおちてきて
古橋秀之

とにかくハラハラどきどきします。
そして主人公のかっこよさときたら……!!
国家公務員って素晴らしいですね!

隠蔽捜査
今野敏

ミステリとしての素晴らしさは言うに及ばず、読み終わった後の余韻がもの凄いです。
これで主人公とお別れしなければならない喪失感と申しましょうか、しばらく立ち直れなかった思い出。

生ける屍の死
山口雅也

ミステリって本当に素晴らしいですね!
ある程度の叙述トリックに慣れた身に、小技を掛けて掛けて掛けて最後にスパーンっとしてくれます。
特に猫のくだりの針に糸を通すような伏線の張り方の素晴らしさ。
ミステリとしてだけでなく、普通の小説としてもいろいろと考えさせられるところがまた素晴らしいと思うのです。

向日葵の咲かない夏
道尾秀介

御手洗潔シリーズはどれも素晴らしいものばかりですが、一冊選ぶならこちらを。
大胆なトリックには読者の視線を恐れない作家の勇気・強さ・矜持を感じます。

斜め屋敷の犯罪
島田荘司

リレー小説でミステリという試みの時点で「買い」の一冊。
個性溢れる作家の真剣勝負はどこに転がるかわかりません。

堕天使殺人事件
新世紀「謎」倶楽部

面白い試みといえばこちらも。
一つの謎にたくさんの作家、そして一般の投稿者が挑みます。

競作五十円玉二十枚の謎

聖典は聖典です。

シャーロック・ホームズ シリーズ
コナン・ドイル