著者近影

Profile

小金井ゴル(こがねいごる)

2009年『京華の妖械戦記』でデビュー。
著作は『Let'sパーティー!』シリーズなど。
得意分野は妖怪・特撮・百合です。

代表作と、その作品についての思い

『Let'sパーティー!2 —飛行機少女は部屋から出ない—』

シリーズの真ん中ということで紙幅に余裕があり、主題とがっぷり四つになって組み合うことができました。
手応えという点ではこの二巻が一番気に入っています。
そして怪獣!
海から攻めてくる巨大怪獣をどうしても書きたかったのです。

小金井ゴルのすべての作品はコチラ

小金井ゴルの本棚

過酷な運命に立ち向かう強い女性は単体でも十分に素敵ですが、主要登場人物ほぼ全員がそんな女の子とくればその魅力は倍、魔法戦車を使った独創的なチームバトルでさらに倍、女子同士のいちゃいちゃスキンシップでさらにさらに倍、悲劇と流血でさらにさらにさらに倍! と、16倍の魅力で戦う女の子たちを堪能できます。

ニーナとうさぎと魔法の戦車
兎月竜之介

ライトノベルの限界を軽々と突破するエロスとバイオレンス。
Rebis先生の挿絵と相まって展開する濃密な世界観には物凄い中毒性が……
筋肉・女体・カンフー!
倒した敵をどんどん仲間にしていくSLG的楽しさとファンタジーかつ女性同士ならではの恋愛の機微が同時に語られて、脳が幸福物質の変なカクテルでいっぱいになります。

武林クロスロード
深見真

閉鎖環境下を舞台にした「脱出ゲームもの」かな……という予想は早々に打ち砕かれ、物語は壮大な思考実験を経て一大叙事詩に。
何ごともジャンル分けしてかかろうというおのれの浅はかさを思い知らされました。

〔少女庭国〕
矢部崇

年に一回くらいは読み返したくなります。
一芸を披露する傍からバタバタ退場していくキャラクターたちですが、それゆえに燃え尽きる直前の炎めいて強烈な印象があり、結果的に読み手の中で長く生きることに。
フィクションのキャラクターという存在の不思議を感じます。

甲賀忍法帖
山田風太郎

イヤーッ! ワザマエ! ゴウランガ! 
言語中枢を破壊しにきてるとしか思えないサイケデリックな文章に慣れて(麻痺して)みると、そこから匂い立ってくるのは異様にストイックな男のドラマと、小市民たちの悲喜こもごも。
ギトギトのジャンクフードかと思って咀嚼してたら味は素朴な郷土料理だった、みたいな……。
みんなこの味わいに抗えないんだと思います。

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上
ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ

ストーリーはもちろんなんですけどガジェットの魅力が尋常じゃないです。
名前を列挙するだけで読みたくなります。
水素飛行獣! ストームウォーカー! 駆逐鷹! テスラ・キャノン! カッパ! 
こいつらが第一次世界大戦を舞台に暴れ回ります。
読みたくなりません?

リヴァイアサン: クジラと蒸気機関
スコット・ウエスターフェルド