著者近影

Profile

葉巡明治(はまわりめいじ)

2011年にスーパーダッシュ文庫『嘘つき天使は死にました!』でデビュー。
以降のシリーズに『アプローチ、アプローチ。』、『魔物ワールドは二周目令嬢が作ったのだ!』など。
画像はTwitterアイコン(進化前)です。

代表作と、その作品についての思い

『嘘つき天使は死にました!』

デビュー作です!
今でさえ何も知らない僕が、高校在学時、もっと何も知らない時期に書いたものです。
何も考えずに、ただ自分が面白そうだと思うことをギューギューに書き切りました。
しらびさんの絵がついたときのことや、晴瀬ひろきさんにコミカライズして頂いたときの嬉しさは忘れられないです。

葉巡明治のすべての作品はコチラ

葉巡明治の本棚

定番といえば世界レベルでのド定番なのですが、やっぱり外せません。
これの他にも、寓話が好きなんです。
胸がきゅんきゅんします!
調べたら8000万部も売れてるんですね。フリーザ様もびっくりです。僕に至っては動悸と目眩を起こしてガクガク震えます。

星の王子さま
サン=テグジュペリ

大学青春ものです。
「死んだ親友」と「映画を作る」ということを題材にしたお話です。
軽妙な文体でぽんぽんとバカらしく葛藤や青春の前進が進んで、最後には笑いながら泣いちゃうような、とっても痛快なお話です。とても面白いので是非是非!
特に創作をなさっている方には!

少女キネマ
一肇

京極夏彦さんです。
番長皿屋敷が題材です。それだけで興奮します。
僕は読んだあと切なくてたまらなくてしばらく寝込みました。分厚さで敬遠される方も多いかもしれませんが、一度入ってみるととっても読みやすい本でもあります!

数えずの井戸
京極夏彦

童話的なお話しです。
公共の場で読んで泣きました。ただでさえぼっちだったのにおまけに泣き始めた。
今更紹介するには有名すぎるのかもしれませんが、好きなんだからしょうがない!
憧れてしまいます。

ミミズクと夜の王
紅玉いづき

面白すぎました。

のうりん
白鳥士郎

大学読書人大賞ですね!
今度アニメ映画にもなりますね! 伊藤計劃さんはすごい。
文庫の表紙だけでもかっこよすぎて手に取ってしまうものだと思います。
虐殺器官と対になっている、真っ白な表紙。
他にも、SFは「切ない」ものがとても好きです。

ハーモニー
伊藤計劃