著者近影

Profile

ぶんが秀徳(ぶんがひでのり)

2013年2月、『小説家になろう』で活動開始。
2014年5月、『小説家になろう』で連載中の『しにこん~死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい~』が書籍化。

書籍化後も作品はネットに全話掲載し、連載も精力的に続けている。

代表作と、その作品についての思い

『しにこん!-死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい-』

商業デビュー作となります。
ウェブ版を全て読んだ方にも面白く感じていただけるよう、大量の書き下ろしを含む改稿を行っています。
短編を一つ一つ掲載しているウェブ版とは違い、一冊の本としてまとまった面白さを追求する手法を学ぶことができ、よい経験になりました。

ぶんが秀徳のすべての作品はコチラ

ぶんが秀徳の本棚

あるキャラクターの、しばらく距離をおいていたネットゲームに出戻ったら大騒ぎに巻き込まれた、という境遇にえらく共感した覚えがあります。

ログ・ホライズン
橙乃ままれ

サービス終了の瞬間を待つ間の描写を読んでいると、友人が商売廃業したときに色んな手伝いをしたときのことを思い出して複雑な気持ちになります。
そのせいで、話も好きなんですけど、友人を思い出すときに読む本になりつつあります。多分、私と一番変な関係性を築いている本。

オーバーロード
丸山くがね

だいぶ記憶がおぼろげなんですが、女性主人公の方が書いていてしっくり来るのは、間違いなくこの作品の影響だと思います。

スレイヤーズ
神坂一