私が帯買いした初めての本がこれです。

『この物語を書くために私は作家になった。』

浅田次郎先生がそう仰るのも納得のお話で、ただ、ただ、浅田先生の紡がれる物語世界に圧倒された本でした。