私にとって沢山の出会いをくれた本がこの本でした。
この本のおかげで、沢山の人と知り会えて、今の私がいると思っています。

映画化やコミカライズ化もされたように、本としての楽しみ方も出来ますが、エンターティメント色が濃い作品です。
最後まで駆け抜ける主人公の笠原郁や、教官で上司の堂上など、キャラクターも魅力的で、あっという間に読み切ってしまいます。