僕にワイダニット・ミステリの破壊力を教えてくれた小説であり、クリスティの中では最も好きな一編です。

解説にも「犯人はだいたい絞り込める」なんて書かれていたりして、実際に僕も(普段ミステリを読むときに推理なんてまったくせずにさらさら読むたちなのですが)犯人がだれなのかはほぼ見当がつきました。
すごいのは動機とその隠し方、伏線の敷き方です。
読み終わった後しばらく放心しました。