伊坂幸太郎さんの『グラスホッパー』には『罪と罰』だけを何度も読み返す鯨という名の殺し屋が出てきますが、もし僕が殺し屋になるとしたら、僕にとっての『罪と罰』は『安達としまむら』になるでしょう。