愛すべきズッコケ探偵とダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻きこまれた殺人事件
たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートなハードボイルド!
ハードボイルドと聞いて、マッチョな男が気障な台詞を吐く物語を想像した、そこのあなた。そんな方にこそ本書をお薦めします。
なにしろ、主人公は元いじめられっこ。フィリップ・マーロウに憧れ脱サラして探偵になったものの、喧嘩も弱く、格好つけても「喋り方がヘン」と言われる始末。
でも、いやだからこそ、ピンチのときに彼が吐く減らず口には胸が熱くなります。たとえ足が震えていたとしても。
そう、本当は弱い自分の心に蓋をして、精いっぱい強がってみせる。たとえ笑われても、自分の信じた道を行く。本当のハードボイルドとはそういうもの。
読み終える頃には、きっとあなたもこの愛すべき探偵に声援を贈っているはずです。